2010年06月16日

政調会長代理 城島氏が内定(産経新聞)

 民主党は9日、政策調査会の復活に伴う政調会長代理に、城島光力衆院拉致問題特別委員長を充てる人事を内定した。

 政調副会長には衆院議員の山口壮元党「次の内閣」外務担当、参院議員の松井孝治前官房副長官ら複数の議員を起用する方針で調整している。政調幹部は今後、玄葉光一郎政調会長の指揮の下、政府・与党の政策決定一元化に矛盾しない党の政策機能の構築に着手する。

菅首相会見速報(3)予算、成長戦略に重点配分(産経新聞)
<ヌード写真>篠山紀信氏に罰金30万円 公然わいせつ罪(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎市が運動公園を閉鎖…高校野球県大会会場(毎日新聞)
「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
posted by マツシマ ヒデユキ at 10:00| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

樽床氏、岡部まり事務所開きを応援(スポーツ報知)

 民主党から参院選大阪選挙区に立候補するタレント・岡部まり(50)の事務所開きが6日、大阪市内で行われ、4日の同党代表選で菅直人氏(63)に敗れた樽床伸二・衆院環境委員長(50)が選対本部長としてあいさつした。

 同党関係者から「大阪で一番、総理に近い男」と紹介され登場した“時の人”樽床氏。まずは「代表になり損ねましたが…」と笑いを誘ったが、すぐに表情を引き締め「気分一新、岡部さんを大阪の立役者にしたい。ピンチをチャンスに変え、新しい流れをつくり出していきたい」と声を大にした。

 援軍を得た岡部は「激流の中、大阪が元気になって、難破しそうな日本を救っていきたい。この日が船出です」と決意表明。「政局の変化には、まったく揺れておりません。私の覚悟、決意をお一人お一人に街の中で訴えていきたい」と誓った。

 また、岡部とABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で共演していたタレント・立原啓裕(56)も応援に駆けつけた。

 【関連記事】
橋下大阪府知事、樽床衆院議員と同席も発言に距離感
樽床氏「ゆっくり眠れた」
民主党代表選に樽床氏と菅氏が届け出
樽床氏が代表選出馬、七奉行の1人も無名の存在が新首相に名乗り
民主党 大阪選挙区 岡部まり を調べる

「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)
鳩山首相、頬ゆるませ親指立て 「続投ですか」に首相余裕(産経新聞)
仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
奈良・脇本遺跡 6世紀後半の大型建物跡見つかる(毎日新聞)
posted by マツシマ ヒデユキ at 09:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。