2010年04月30日

ひらり春謳歌 葛飾・水元公園のツマキチョウ(産経新聞)

 葛飾区の都立水元公園で今年もツマキチョウがかれんな姿を見せた。

 ツマキチョウはシロチョウ科のチョウで、名前の由来はその名の通り、雄の羽の先端、すなわち褄(つま)が黄色いため。モンシロチョウより一回り小さく、ひらひらと飛ぶ。

 モンシロチョウなどが春から秋まで見られるのに対し、ツマキチョウは春の一時期しか現れない。このため、早春に姿を見せるギフチョウや開花するカタクリとともに“スプリング・エフェメラル(春のはかない命)”といわれている。

 同公園では毎年4月中旬から下旬に現れて春を謳歌(おうか)するように飛び交い、タネツケバナなどアブラナ科の食草に産卵。幼虫は6月ごろにサナギになり、再び春を待つという。

横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件−郵政3社(時事通信)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
事業仕分け 民間橋渡しで年100億円…医薬基盤研、天下り財団と癒着(産経新聞)
小沢幹事長続投、民主の動揺拡大…党内にミゾ(読売新聞)
<携帯電話過熱>損賠訴訟で製造会社の責任認める 仙台高裁(毎日新聞)
posted by マツシマ ヒデユキ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。